スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観的健康感を高める方法

前回のコラム(2011/11/17)では若者の幸福感をテーマにした。今回は高齢者の幸福感をテーマにしよう。若者の場合は「友人関係」がうまくいっているかということが幸福感に大きく影響していたが、中高年になると「健康状態」の影響が大きくなる。高齢者の関心の第一は健康であろう。

健康問題を社会論として考えるアプローチにもいろいろあるが、社会疫学というジャンルで相応の実績があるようだ。以下の記述は、3万人以上の高齢者の大規模調査に基づいた『検証「健康格差社会」』(医学書院)という本に負っている。

健康状態の指標に「主観的健康感」というのがある。これはなかなか興味深い指標だ。指標の作り方はいたってシンプルで、「あなたの健康状態はいかがですか」といった質問に対して、三択(よい、ふつう、悪い)や五択(非常によい、まあよい、あまりよくない、よくない、非常に悪い)で答えてもらう。本人の気分で答えているのだから、アテにならないようにも見えるが、さにあらず。自分の健康状態を「よくない」「あまりよくない」と答えた人は、客観的健康状態が同様な者たちの間でも、死亡しやすいそうだ。主観的健康感は、医師による臨床的判断とは必ずしも一致しない。そして医師による評価よりも、その後の死亡や健康状態を正しく予見するという報告もあるという。「病は気から」という諺は、案外深い真実を言い表しているわけだ。

素人考えかもしれないが、主観的健康感は、健康状態の結果を表す指標であるだけでなく、健康状態に影響を与える要因でもあると思う。つまり、具合が悪いと思っていると、本当にどんどん悪くなってしまう。逆に、心に健康だと思い続ける、言い換えれば、できるだけ明るい気持ちを持ち続けるようにつとめれば、客観的な健康状態も良くなる。

では、主観的健康感を高めるにはどうすればよいのだろうか。心に健康だと思い続けることのできる人とは、どういう生活をしている人なのか。上記の大規模調査は、高齢者の主観的健康感とさまざまな社会的・個人的条件との関係を分析している。その中でも私が面白いと思ったのは、人と関わったり人の役に立ったりすることが、主観的健康感の向上に大きな役割を果たしているらしいということだ。

たとえば趣味が「ある」高齢者のほうが主観的健康感の高い人が多い。趣味はしばしば交友の機会になる。実際、社会的ネットワークの指標とされる、友人と会う頻度が「週1回以上」という人も多かったという。何らかの地域組織(政治団体、業界団体、ボランティア、市民運動、宗教団体、スポーツクラブ、町内会・老人クラブ、趣味の会)に参加している高齢者のほうが主観的健康感の高い人が多い。就業の有無で見ると、主観的健康感のよくない者は非就業者に多い。また、他者からサポートを受けるだけの高齢者より、他者へのサポート提供もしている高齢者のほうが、心理的健康状態はよいという結果もある。

もちろん、相関関係は、必ずしも因果関係ではない。そもそも主観的健康感が高いから能動的な社会参加をするのか、能動的に社会参加するから主観的健康感が高いのか。前者ならば、主観的健康感の低い人にチャンスはない。しかし私は敢えて後者の側面を強調したいと思うのである。具合が悪い、健康がすぐれないと思っている人ほど、能動的に社会参加してみるほうがよい。それは個人にとっての健康法の実践的なヒントであるともに、健康・医療・福祉関係の団体、企業にとってのサービス提供の実践的なヒントになるだろう。

最後に、主観的健康感とソーシャル・キャピタルの関係についての分析を紹介する。ある一つの社会や地域、集団のなかで、協調的で生産的に働くときの人間関係をソーシャル・キャピタルと呼ぶ。ソーシャル・キャピタルの充実度は、地域の組織への参加数や住民の交流頻度、信頼感、助け合いの規範などをアンケートで尋ねて集計し、指標化することが多い。この大規模調査では「一般的信頼感」(「一般的に、人は信頼できると思いますか」といった質問に対する回答の地域別集計)をソーシャル・キャピタルの指標とし、ソーシャル・キャピタルと主観的健康感の関連も分析している。ソーシャルキャピタルの高い地域では、主観的健康感の「よくない」と答える確率が減少するという。「よくない」が「減少する」というのはちょっとわかりにくいが、相関関係があるようだ。となれば、高齢者の健康にとって、ひいては高齢者の幸福にとって、よりよい地域と、そうでない地域があるということになる。

冒頭に幸福感に影響を及ぼす要因として、若者は友人関係、高齢者は健康状態が重要と書いたけれど、高齢者の健康状態も結局は人間関係のあり方次第なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。